民泊って??

そもそも「民泊」とは、「住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部又は一部を活用して宿泊」※させるもので、簡単に言うと、旅行客を自分の家に宿泊料をいただいて宿泊させることです。※厚生労働省の通知より引用

 

これまで、ホテル、旅館といった宿泊施設は、比較的規模の大きな建物、施設が必要な上、厳しい基準をクリアして旅館業許可を取得する必要がありました。

 

ところが、最近は外国人観光客の増加によって、街中で外国人の方を見かける事は珍しくなくなりました。

それとともに、宿泊施設が不足するという事態が発生しています。

 

そこで政府は、個人の住宅でも旅館業の許可を取得しやすいように旅館業法施行令を一部改正し、規制緩和をしました。

これにより、個人の住宅でも旅館業の許可を取得することが比較的容易になりました。

→旅館業許可

 

とはいえ、旅館業法以外にもクリアすべき建築基準法、消防法、都市計画法といった法令のハードルは依然としてあります。

各自治体の条例でも、規制を緩めない場合にはそこがネックになることもあります。

 

民泊は多くの個人の方、企業、そして政府も感心を持っており、規制緩和の方向性ではあるといえますが、近隣住民とのトラブル、テロ・犯罪などの治安維持とのバランスが常に問題となるため、法改正などの情報には気をつけておくべきでしょう。

 

許可を取得しないで、宿泊客から料金をいただいて宿泊させることは旅館業法違反となります。

 

このサイトでは、民泊の基本的な情報から、営業許可の取得、そして営業開始後に心得ておくべき情報をお伝えします。